先達よりも後ろに警戒をすべきもがな

先週からテレビドラマでは、「下剋上受験」が放送されていますね。

同じ時期に私も4年生の参考書に取り組んでいます。

最終目標は数学検定の2級をとるつもりなのですが、仕事でさえも数学が大の苦手。一週間で片づけるつもりが今日まで延びてしまいました。

今どきの勉強って進化しているようです。
面積を表す単位でa(アール)があったことや容量を表す単位のデシリットルのLが筆記体ではなくそのまま大文字のLと表記されていました。
theゆとり世代の自分にはあたらしい驚きです

それぞれの単位の呼び方も変わっていて私たちの時は何かの拍子に四捨五入を習ったぐらいかなと記憶していますが、現在では「概数」という単位でしっかり授業があるらしい…恐るべし現代っ子。

今日は朝からパソコンをいじりつつ、そんなテキストの解説アリのほうをfinishすべく、取り組んでいたのですがここでも難題にぶつかってしまいました。

なんと、
4年生のテキストに中学問入試題が入っているではアーりませんか。

なんで。
ひとつ前の問題でもヒントが隠されている文章だからなんとか行けたのに

まさかの難問。
関東学院中と金光学園中の入試問題で、今調べたら
なんと

両校偏差値60やないかーい

回答見てもちんぷんかんぷん
きっと雰囲気は中一のx=yとかいうところの部分だと思うんですが
数字が=飛び越えていく計算て理解できませんよ。

現代っ子の皆さん尊敬しますよ

本当に。

よく考えたら、この人たちが社会に出たとき、
自分たちの脅威になるわけで負けていられないと少し焦っております。

我々よりも多くのことを学んだ彼ら。
まさにSNSも使いこなしてインターネット進化させてしまうんでしょうな。

20代にしてもはや引退したい気分。

…たとえ定年まで働いたとしても年金は払った分もらえるわけではございませんからなぁ

この競争社会どのようにして生き残ろうか。
まずは知識と実績作りから。
この二年で自分の中を深化させてくしかない。
いざ参ろう。おすすめサイト⇒ナイトブラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です